ふたりでつくる結婚指輪 その14−3

0

     

    さぁここからは

     

    おふたりの作業になります。

     

     

     

     

     

     

    金属になった指輪を持って、

     

    仕上げの2日目のスタートです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    リング全体にサンドペーパーを当てて

     

    表面をきれいにしていきます。

     

     

     

    徐々にリングがきれいになっていく姿は

     

    気持ちが良いものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    続いてリングの内側に刻印を入れていきます。

     

     

     

    少々細かくて難しい作業ではありますが、

     

    おふたりで刻印を刻んでいくのは

     

    一生の思い出になると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「あっ」

     

     

     

     

     

     

     

     

    「あっ?」

     

    「いや何でもないよw」

     

    (という会話があったわけではありません)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このコの字型の先端に文字が彫り込まれています。

     

    それを手で押し込んでいくんですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お互いの刻印をチェック♪

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最後に表面をきれいに磨きます。

     

    研磨剤を使用しますので、

     

    マスクとゴーグル着用です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして今回はこの磨きでおわりではありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このリング表面の三つ編み加工。

     

    こちらもおふたりに作っていただきます。

     

    今回のメイン作業ですね!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    材料はゴールドの金属線。

     

    1ミリ以下の細い線を三つ編みに編んでいきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「はい!こっち持って!」

     

     

     

     

     

     

     

     

    「はい!そっち引っ張って!」

     

    こんな会話をしながら編み進めていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    金属は加工して(曲げて)いくと

     

    徐々に硬くなっていきます。

     

     

     

    ですので途中で何回か火を当てて

     

    また柔らかくしています。

     

    これがきれいに編み込むコツですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    曲げて、

     

     

     

     

     

     

     

    火を当てて、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    だいぶ編み込めました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    おふたりに磨いてもらったリングに

     

    当ててみて雰囲気をチェック。

     

     

    いい感じです!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらに全体につや消し加工を施します。

     

    回転してて見えませんが、

     

    細いピンみたいなのがガシガシ

     

    三つ編み線にあたっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これでベースと三つ編み線が

     

    出来上がりました。

     

     

     

     

    最後の合体、仕上げは

     

    ちょっと難しいので、

     

    お店の方で加工いたします。

     

     

     

     

     

    続く。

     

     

     

     

    「ふたりでつくる結婚指輪」
    コース、内容の詳細はこちらでどうぞ
          ↓
    http://couleur-jewelry.main.jp/m-school

     

     

     


    ふたりでつくる結婚指輪 その14−2

    0

       

      前回作っていただきました

       

      リングの原型が金属になりました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      女性は18金ピンクゴールド、

       

      男性はプラチナです。

       

       

      デザインは一緒で、こんな風に

       

      金属の種類を分けてもいいですね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ここからは少しお店の作業になります。

       

       

       

       

       

      まずはリングについていた出っ張りを

       

      ヤスリで削り落とします。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      続いてペーパーでリングの内側を

       

      仕上げています。

       

       

       

      内側をお店の方で仕上げるのは

       

      サイズの問題があるからですね。

       

      ここを崩してしまうと、

       

      リングのサイズに影響が出ますので、

       

      お店の方でやらせていただいています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      さらに刻印入れです。

       

       

       

       

       

      こちらは・・・

       

       

      こんな感じに【地金の証明印】と【お店の刻印】

       

      を入れております。

       

       

      これ以外の【お名前】とか【日付】などの刻印は

       

      おふたりにお好きに入れていただきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      こんな感じで準備が完了です。

       

      ここからはおふたりに

       

      作業をしていただきます。

       

       

       

      頑張って!

       

       

       

       

       

       


      「ふたりでつくる結婚指輪」
      コース、内容の詳細はこちらでどうぞ
            ↓
      http://couleur-jewelry.main.jp/m-school

       

       

       


      ふたりでつくる結婚指輪 その14

      0

         

        コロンビア山を無事に乗り越えました。

         

        あのハンドが故意なのかは分かりませんが、

         

        偶然だとしたら、サッカーの神様がほほ笑む、

         

        なんていうのはこういう事を言うのかもしれませんね。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        クルールの結婚、婚約指輪は、

         

        オーダーによる注文制作のほか

         

        おふたり、ご自身で結婚指輪をつくる、

         

        「ふたりでつくる結婚指輪」という

         

        コースがあります。

         

         

         

         

         

         

        おおよそ半数の方がこちらのコースで

         

        結婚指輪をつくられていきます。

         

        今日はそんな

         

        「ふたりでつくる結婚指輪」のご紹介。

         

         

         

         

         

         

         

         

        明るく楽しいおふたりなんです。

         

        手に持っている棒みたいなのが

         

        指輪の原型のもとになります。

         

         

        金属ではなくこの原形をまずは制作します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        まずはこちらを輪切りにします。

         

        糸鋸を使ってギコギコ。

         

        見た目ほど力のいる作業ではありません。

         

         

         

         

        こんな感じで輪切りになりました。

         

        もちろんそれぞれの太さに合わせて切っています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        次にヤスリを使って表面をきれいにしていきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        リングの内径を削って

         

        おふたりの指のサイズに合わせます。

         

         

         

         

         

        ここはちょっとお手伝い。

         

         

         

         

        リングの制作となると、やはり難しい部分も出てきますが、

         

        難しい(とお客様が感じる)ところは

         

        いくらでもお手伝いいたします。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        こんな感じで余分なところを

         

        さらに切り落としていきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        「ふっ」

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        いい感じに周りの余分なところが

         

         

        切り落とせました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        今度はヤスリを使って、

         

        ラインをなめらかにしていきます。

         

        躍動感があって、かっこいい写真です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ちょっと休憩しまして、

         

        僕が使用している工具をご紹介。

         

        おふたりとも興味津々で聞いてくれて

         

        楽しかったです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        さらに細かなヤスリで仕上げていき・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        完成です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        このリングの原型を型にとって、

         

        金属のリングに変えていきます。

         

         

         

         

         

         

         

        「なるほど」

         

         

         

         

         

         

         

         

        続く。

         

         

         


        「ふたりでつくる結婚指輪」
        コース、内容の詳細はこちらでどうぞ
              ↓
        http://couleur-jewelry.main.jp/m-school

         


        ドライヤーの修理

        0

          マリーアントワネットが所有していた

           

          真珠とダイアのネックレスが競売に

           

          出されるそうで、

           

          予想落札金額は200万ドル(約2億2000万円)だそうです。

           

           

          正直、もう少し値がついてもよさそうな気がしますが、

           

          豊橋市が買って、市の美術館においてくれないかな。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          という事で今日はドライヤーの修理です。

           

           

           

          こちらはスタッフS(偽名)の私物。

           

          ちなみにクルールでは家電の修理は受け付けていません。
           

          が、「先日の夜にドライヤーが発火したから見てほしい」と。

           

          こえーよ。

           

           

           

           

           

           

           

          まぁとりあえず見てみると、

           

           

           

           

          これ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          これですよ、お姉さん。

           

          完全に逝ってしまってます。

           

           

           

           

          とりあえず中身を見てみましょう。

           

           

           

          ぱかぱか。

           

           

           

           

           

          要は断線部分まで短くしちゃって

           

          スイッチのところでまた繋ぎなおせば

           

          直りそう。

           

           

           

           

          ではやってみましょうか。

           

           

           

           

           

           

           

          まずは線を取り出して、

           

           

           

           

           

           

           

          スイッチから外します。

           

           

           

           

           

          これには半田ごてが活躍。

           

          愛用のWAXペンはこの半田ごてを使っています。

           

           

           

           

           

           

           

          そして断線部分までカット。

           

           

           

           

           

           

           

           

          新しい先端の被覆をちょっと剥いてやります。

           

          これはストリッパという

           

          艶めかしい名前の工具がありますが、

           

          さすがに持ってないのでカッターで

           

          うまく剥きます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          元のスイッチのところに半田付け。

           

          もう少し線の方に半田を

           

          流しておいたほうが良いですね。

           

           

          昔、こんな仕事をしていましたが、

           

          さすがにブランクがあったようです。

           

           

           

           

           

           

           

           

          この黒いのは収縮チューブってやつ。

           

          接続部分が誤って接触しないように

           

          ゴムみたいなので覆ってます。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ふと見たら、スイッチの反対側の所もなんか怖い。

           

           

           

           

           

          線を外して収縮チューブを通すのはめんどいので、

           

          絶縁テープ(ビニールテープのちょっといいやつ)を

           

          巻いておきます。

           

           

           

           

           

           

           

           

          この部分から空気を吸っているんでしょうね。

           

          フィルターが付いてます。

           

           

           

           

           

           

           

           

          汚い。

           

          これもついでに掃除しておきましょう。

           

           

           

           

           

          両側にけっこう埃がたまってますね。

           

           

           

           

           

           

           

          フィルターに絡まった埃ってなかなか取れないんですね。

           

          掃除機で吸いながら、ブラシで落とします。

           

           

           

           

           

           

          この汚いのもアルコールできれいに拭き取ります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ちなみに机の上はこんな感じ。

           

          戦争やで。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          さらにコンセント側の被覆も破れています。

           

          これはまだ断線していませんので、

           

          保護だけしておきましょう。

           

           

           

           

           

           

          高価な絶縁テープを

           

          惜しみなく使います。

           

          これでまず大丈夫でしょう。

           

           

           

           

           

           

          すべての掃除、修理が終わったので

           

          組みなおしていきます。

           

           

           

           

           

           

          元のように入れ込んで、

           

          ねじ締めて、

           

           

           

           

           

           

           

          はい、完成写真。

           

          コンプリーーート!

           

          のはずが、最後のビス締めがなんか変な感触。

           

           

           

           

           

          もう一回開けてみると・・・

           

           

           

           

          折れちゃった(; ・`д・´)

           

           

           

           

          しかも美容院の予約まであと1時間しかないのに!

           

           

           

           

           

          まずは落ち着いて、

           

          思い切って2ミリの貫通穴を

           

          開けてしまいました。

           

           

           

           

           

           

           

           

          さらにそこに4.5ミリの穴を

           

          浅く開けます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2ミリの長めのビスとナットで

           

           

           

           

           

           

           

           

          固定しちゃいました。

           

          むしろ強度も上がったし、これで許してもらいましょう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          最後に全開で10分ほど運転して、

           

          どこも熱くなったりしていないし、

           

          変な音とかもしないし大丈夫でしょう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ただちょっとビスが長くて

           

          飛び出ていますね。

           

          これはまずいので、

           

           

           

           

           

           

           

           

          ダイアカッターで削り落として、

           

           

           

           

           

           

          ペーパーで仕上げます。

           

           

           

           

           

           

          美しい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ただちょっと見た目が悪いですね。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          コンプリーーート!

           

           

          これでスタッフS(偽名)の髪も乾くでしょう。

           

           

           

           

          こういうのは修理に出すと高そうだし、

           

          やってみました。

           

          でも超自己責任ですので皆さん気を付けて。

           

           

           

           

          *クルールでは電化製品の修理はやっていません*

           

           

          電子レンジとか持ってこないでくださいね。

           

           

           

           

           

           

           「couleur」 ホームページ
                     http://couleur-jewelry.main.jp

           

           

           

           

           


          オーダーの結婚指輪

          0

            いよいよワールドカップが開幕します。

             

            やはりプロの世界は結果がすべてですね。

             

            わが日本は、直近に負けてばかりで

             

            ボロクソに言われています。

             

             

            日本はもちろん応援はしていますが、

             

            トッププロが本気で勝負するのは楽しいです。

             

            たまらないです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ということで今日は結婚指輪のご紹介。

             

            クルールでの結婚指輪はすべてオーダー(注文)制作になります。

             

             

            デザインやご予算などいろいろお話を聞きながら、

             

            世界に一つの結婚指輪を制作していきます。

             

             

             

             

            ちょっとカチッとした結婚指輪。

             

            お客様のイメージは

             

            「結婚指輪らしくない結婚指輪」

             

            ちょっとクールでかっこいいイメージをお持ちでした。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            なんと側面からみると7角形。

             

            8角形ではなく7角形というところがポイント。

             

             

             

            はじめは8角形でお話を進めていたのですが、

             

            途中でお客様が

             

            「8角形って他にもありますかね?」と。

             

             

             

            確かに側面から見て8角形の

             

            デザインの指輪は見たことがあります。

             

            それを伝えると、

             

            「じゃあ7角形にしよっか」と。

             

             

             

            好きです、こういうノリ。

             

            そんな感じでお話が進みまして

             

            この完成になりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            もう一つは側面に留まった宝石。

             

            ブラックダイアモンド。

             

             

            非常に狭いスペースに極小の

             

            ダイアモンドが入ってます。

             

            ブラックというところもおしゃれ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            どうもありがとうございました。

             

             

            結婚指輪というのは本当に

             

            特別なアイテムだと思います。

             

             

             

             

            それぞれデザインも違いますが、

             

            ひとつひとつ心を入れて作っていきたいですね。

             

             

             

             


            オーダー製作に関する詳細、
            ご注文の流れなどはホームページをどうぞ
                       
             「couleur」 ホームページ
                       http://couleur-jewelry.main.jp

             





            「ふたりでつくる結婚指輪」が
            ゼクシィで紹介されました



            profile

                    

            営業時間

            AM 10:00~PM 5:00 定休日 木曜日

            住所

            愛知県豊橋市上伝馬町53番地

            TEL

            0532-22-8340

            selected entries

                    

            categories

                       

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>

            archives

            recent comment

            recent trackback

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...