ドライヤーの修理

0

    マリーアントワネットが所有していた

     

    真珠とダイアのネックレスが競売に

     

    出されるそうで、

     

    予想落札金額は200万ドル(約2億2000万円)だそうです。

     

     

    正直、もう少し値がついてもよさそうな気がしますが、

     

    豊橋市が買って、市の美術館においてくれないかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    という事で今日はドライヤーの修理です。

     

     

     

    こちらはスタッフS(偽名)の私物。

     

    ちなみにクルールでは家電の修理は受け付けていません。
     

    が、「先日の夜にドライヤーが発火したから見てほしい」と。

     

    こえーよ。

     

     

     

     

     

     

     

    まぁとりあえず見てみると、

     

     

     

     

    これ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これですよ、お姉さん。

     

    完全に逝ってしまってます。

     

     

     

     

    とりあえず中身を見てみましょう。

     

     

     

    ぱかぱか。

     

     

     

     

     

    要は断線部分まで短くしちゃって

     

    スイッチのところでまた繋ぎなおせば

     

    直りそう。

     

     

     

     

    ではやってみましょうか。

     

     

     

     

     

     

     

    まずは線を取り出して、

     

     

     

     

     

     

     

    スイッチから外します。

     

     

     

     

     

    これには半田ごてが活躍。

     

    愛用のWAXペンはこの半田ごてを使っています。

     

     

     

     

     

     

     

    そして断線部分までカット。

     

     

     

     

     

     

     

     

    新しい先端の被覆をちょっと剥いてやります。

     

    これはストリッパという

     

    艶めかしい名前の工具がありますが、

     

    さすがに持ってないのでカッターで

     

    うまく剥きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    元のスイッチのところに半田付け。

     

    もう少し線の方に半田を

     

    流しておいたほうが良いですね。

     

     

    昔、こんな仕事をしていましたが、

     

    さすがにブランクがあったようです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    この黒いのは収縮チューブってやつ。

     

    接続部分が誤って接触しないように

     

    ゴムみたいなので覆ってます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ふと見たら、スイッチの反対側の所もなんか怖い。

     

     

     

     

     

    線を外して収縮チューブを通すのはめんどいので、

     

    絶縁テープ(ビニールテープのちょっといいやつ)を

     

    巻いておきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    この部分から空気を吸っているんでしょうね。

     

    フィルターが付いてます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    汚い。

     

    これもついでに掃除しておきましょう。

     

     

     

     

     

    両側にけっこう埃がたまってますね。

     

     

     

     

     

     

     

    フィルターに絡まった埃ってなかなか取れないんですね。

     

    掃除機で吸いながら、ブラシで落とします。

     

     

     

     

     

     

    この汚いのもアルコールできれいに拭き取ります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに机の上はこんな感じ。

     

    戦争やで。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらにコンセント側の被覆も破れています。

     

    これはまだ断線していませんので、

     

    保護だけしておきましょう。

     

     

     

     

     

     

    高価な絶縁テープを

     

    惜しみなく使います。

     

    これでまず大丈夫でしょう。

     

     

     

     

     

     

    すべての掃除、修理が終わったので

     

    組みなおしていきます。

     

     

     

     

     

     

    元のように入れ込んで、

     

    ねじ締めて、

     

     

     

     

     

     

     

    はい、完成写真。

     

    コンプリーーート!

     

    のはずが、最後のビス締めがなんか変な感触。

     

     

     

     

     

    もう一回開けてみると・・・

     

     

     

     

    折れちゃった(; ・`д・´)

     

     

     

     

    しかも美容院の予約まであと1時間しかないのに!

     

     

     

     

     

    まずは落ち着いて、

     

    思い切って2ミリの貫通穴を

     

    開けてしまいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらにそこに4.5ミリの穴を

     

    浅く開けます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2ミリの長めのビスとナットで

     

     

     

     

     

     

     

     

    固定しちゃいました。

     

    むしろ強度も上がったし、これで許してもらいましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最後に全開で10分ほど運転して、

     

    どこも熱くなったりしていないし、

     

    変な音とかもしないし大丈夫でしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ただちょっとビスが長くて

     

    飛び出ていますね。

     

    これはまずいので、

     

     

     

     

     

     

     

     

    ダイアカッターで削り落として、

     

     

     

     

     

     

    ペーパーで仕上げます。

     

     

     

     

     

     

    美しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ただちょっと見た目が悪いですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コンプリーーート!

     

     

    これでスタッフS(偽名)の髪も乾くでしょう。

     

     

     

     

    こういうのは修理に出すと高そうだし、

     

    やってみました。

     

    でも超自己責任ですので皆さん気を付けて。

     

     

     

     

    *クルールでは電化製品の修理はやっていません*

     

     

    電子レンジとか持ってこないでくださいね。

     

     

     

     

     

     

     「couleur」 ホームページ
               http://couleur-jewelry.main.jp

     

     

     

     

     


    最新の5記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック



    「ふたりでつくる結婚指輪」が
    ゼクシィで紹介されました



    profile

            

    営業時間

    AM 10:00~PM 5:00 定休日 木曜日

    住所

    愛知県豊橋市上伝馬町53番地

    TEL

    0532-22-8340

    selected entries

            

    categories

               

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...