オーダーの婚約指輪 その2

0

    本日10月31日。

     

    ハロウィンの経済効果はバレンタインのそれを

     

    凌ぐそうですね。

     

    個人的にはあまり興味ありませんが、

     

    商売人としてはもう無視できないイベントになりました。

     

     

     

     

     

    ですので

     

     

     

     

    はっぴーはろうぃーん!


    iPhoneImage.png

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ということで今日は前回の「オーダーの婚約指輪」

     

    続きになります。

     

     

     

     

     

     

    前回はベースのプラチナリングに筋を入れて、

     

    フチを作ったところまででした。

     

     

     

     

     

     

     

    次に中央に止まるピンクダイアの周りに使う、

     

    ピンクゴールド部分の制作になります。

     

     

     

     

     

     

    こちらピンクゴールドの地金。

     

    角棒ですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    工具にセットして、、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    中央に穴を空けてから、

     

    周りを丸く削り込みます。

     

    もちろんこの穴はピンクダイアの大きさに合わせてあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちょっと写真が飛びましたが、

     

    これを切り落として、

     

    リングの中心にロウ付けしたところです。

     

     

     

     

    いい感じに収まっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    内側に刻印も入れます。

     

    プラチナやゴールドの証明印、ダイアのキャラット印です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    キレイに磨きます。

     

    いよいよ完成に近づいてきました。

     

     

     

     

     

     

    最後にダイアをセッティングです。

     

     

     

     

     

     

     

    まずはダイアの大きさに合わせて

     

    穴を開けます。

     

    ちなみに貫通はしておらず、

     

    ギリギリでドリルを止めております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    次にタガネを使って、穴の周りを

     

    彫っていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    非常に細かな作業ですが、

     

    この彫りを入れることでダイアがより美しく見えます。

     

    この宝石の留め方を「彫留め」といいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    周りのダイアが留まりました。

     

    最後に中央のピンクダイアを留めれば完成です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    美しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    シンプルなデザインですが、

     

    中央のピンクがアクセントになり、

     

    婚約指輪の雰囲気を持ち合わせたデザイン。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「シンプルで可愛らしい、

     

    毎日でも着けられるようなデザイン」

     

    というお客さまのご希望に応えられたかと思います。

     

     

     

    お客さまにも大変喜んでいただけました。

     

     

     

    どうもありがとうございました。

     

    またメンテナンスなどもキッチリといたしますので

     

    いつでもご来店くださいませ。

     

     

     

     



    オーダー製作に関する詳細、
    ご注文の流れなどはホームページをどうぞ
               
     「couleur」 ホームページ
               http://couleur-jewelry.main.jp

     

     

     

     

     

     

     

     


    オーダーの婚約指輪

    0

      日本シリーズが盛り上がっております。

       

      贔屓が出ていない時、僕は悔しいとかはあまりなくて、

       

      単純に羨ましい。赤いとこが。

       

      日本シリーズとかもう、本当に興奮するのです。

       

      それはもう本当に。それを味わいたいのです。

       

      川上の2安打3失点とか、よく覚えてます。

       

       

       

       

       

       

       

      ということで今日は婚約指輪のご紹介。

       

       

      シンプルで可愛らしい、

       

      毎日でも着けられるようなデザインが良いとのご希望。

       

      幾つかのデザインを提案し、このようなデザインに決定しました。

       

       

       

      大きなダイアモンドが中心にある、というよくあるデザインではなく、

       

      メレダイア(小ぶりのダイア)が並んでいます。

       

      ベースはプラチナで中心にはピンクダイヤモンド、

       

      さらにそのピンクダイアの周りにだけ

       

      ピンクゴールドを使っています。

       

       

       

       

       

      クルールでは全てのジュエリーを手づくりで

       

      制作しております。

       

      今回のこの婚約指輪も一から制作していきます。

       

       

       

       

       

      では制作のスタートです。

       

       

       

       

      こちらは材料のダイアモンド達。

       

      くしゃみ厳禁。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そしてプラチナの角棒です。

       

      まずはこれをローラーで引いていきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ローラーで必要な幅、厚みに伸ばしました。

       

      長さは50ミリちょっとですね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      次に丸めていきます。

       

      ちなみにこの道具(ヤットコ)は最近購入した海外製。

       

      なかなか悪くないです。

       

       

       

       

       

       

       

       

      はじっこをロウ付け(溶接)してキレイな丸になりました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ヤスリを使って表面をキレイに整えていきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      側面もキレイにしていきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      トップの部分だけ微妙に厚いのが

       

      わかるでしょうか?

       

      パッと見でわかった方は

       

      なかなか眼力が鍛えられていますね。

       

       

       

       

       

       

      今度は糸鋸を使って指輪のフチを作っています。

       

      この糸鋸の刃の太さは0.18ミリ。

       

      最細です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      糸鋸で切り込みを入れた後、

       

      ヤスリを使って丸みを着けるとこんな感じ。

       

      これでベースはほぼ完成ですね。

       

       

       

       

      次回はピンクゴールド部分の製作と石留めです。

       

       

      続く。

       

       

       



      オーダー製作に関する詳細、
      ご注文の流れなどはホームページをどうぞ
                 
       「couleur」 ホームページ
                 http://couleur-jewelry.main.jp

       

       

       


      営業時間変更のお知らせ

      0

        ようやく涼しくなってきたかと思ったら、

         

        冷え性の自分はもう少し寒いくらい。

         

        苦手な冬がやってまいります。

         

         

         

         

        ということで本日は営業時間変更のお知らせです。

         

        10月1日より

         

        10:00〜18:00(火曜日は〜17:00まで)

                ↓

             10:00〜17:00

         

        と変更させていいただきます。

         

         

         

        簡単に言うと毎日17時までの営業に変更です。

         

        ただ教室は今まで通り17時からの枠も継続しますので

         

        ご予約は大丈夫です。

         

         

         

        どうぞよろしくお願い致します。

         

         

         

        「couleur」 ホームページ
                   http://couleur-jewelry.main.jp

         


        絶対王者〇〇

        0

          あっという間にオリンピックも終わり、

           

          もうすぐパラリンピックも始まります。

           

           

          色々と楽しい2週間でしたが、

           

          オリンピックの中で「絶対王者」、「絶対女王」

           

          という言葉をよく聞きました。

           

           

           

           

          まぁわかりやすい言葉ですが、

           

          チャンピオンの中でもさらに特別な、

           

          絶対的な王者である、ということですね。

           

           

           

           

           

           

           

           

          自分の知るかぎりではかつてのPRIDEミドル級のチャンピオン、

           

          ヴァンダレイ・シウバがそう呼ばれたのが初見です。

           

          「絶対王者」ヴァンダレイ・シウバ (総合格闘技)

           

           

          自分よりひとつ下のシウバ。同じ部活だったら

           

          「おぅシウバ、カレーパン買ってこいよ。」となるわけです。

           

           

           

           

           

           

           

           

          しかし、いかんせん言葉を使いすぎです。

           

          繰り返すことで言葉としての価値が落ちているように感じます。

           

          以前「職人について」という記事でも書きましたが、

           

          あれと同じですね。

           

          どんだけ絶対がいるんだよってかんじ。

           

           

           

           

          二つ名を付けるのは盛り上がりやすいし

           

          嫌いではありませんが、かなりの言葉センスが必要だと思います。

           

          「〇〇の〇〇」みたいなのはもう長すぎる気がしますね。

           

           

          以下センスに優れた二つ名を紹介しましょう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          「霊長類ヒト科最強」 マーク・ケアー(総合格闘技)

           

          わかりやすい。確かレスリングのカレリンが霊長類最強みたいな

           

          名前だったので二番煎じなのかもしれませんがいいと思います。

           

          実際そこまで戦績は良くなかった覚えがあります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          「魔女」 菅原初代(大食い)

           

          かかってこんかい!の画像を探したのですが見つからず。

           

          ちなみに画像の「歴代最強の〜」もダメ。 説明チック。

           

          「魔女」の一言が菅原の説明なのです。 

           

          こちらは「女王」赤阪尊子も合わせて覚えると、なお盛り上がります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          「鬼畜メガネ」 羽生善治(将棋)

           

          これはネットで見かけたので公式(?)では無いと思いますが、

           

          見事なネーミングです。

           

          ちなみに羽生さんの「決断力」という本は読んで損はないです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          (公式HPより拝借いたしました)

           

          「ロー(キック)の鬼」 黒澤浩樹(空手)

           

          ご存知、元極真会館の黒澤選手です。

           

          自分の青春時代に強烈なインパクトを叩き込んでくれました。

           

          しかし調べたら「ローの鬼」とは書かれていませんね。

           

          確かにそう呼ばれていたと思うのですが、あまり定着していなかったのでしょうか。

           

          個人的には「格闘マシーン」よりこちらのが好きです。

           

           

          〇〇の〇〇ですが、時代背景も考えればいいネーミングだと思います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          筆:「彫金戦士」 クルール

           

           

           

           

           

          「couleur」 ホームページ
                     http://couleur-jewelry.main.jp
           

           

           

           

           

           

           


          シルバーリングの製作体験 その73

          0

            ついにリオオリンピックが開幕しました。

             

            でも個人的にはオリンピック予選とかのが緊張します。

             

            選手にとって最も悔しいのは出場機会が無いこと、

             

            実力を発揮する場に居られないことです。

             

            スタートラインに立つこともできない悔しさはこの上ないでしょう。

             

             

            ですので出場選手には結果を気にせず

             

            存分に頑張って欲しいですね。

             

             

             

             

             

            ということで今日は体験教室のご紹介。

             

             

            結婚を控えたおふたり。

             

            いっしょにリングを作りに来てくれました。

             

             

             

             

             

             

            見えづらいですが、手にはシルバーの板を持っています。

             

            この状態から制作はスタートします。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            まずはヤスリを使って、端をキレイに整形します。

             

            単純な作業ですけど楽しいですよ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            キレイにした板を丸くしている所です。

             

            ヤットコという工具を使って

             

            クリクリ丸くしています。

             

             

             

             

             

             

             

            彼の趣味はカメラだそうです。

             

            女性が大きいカメラ持ってるの

             

            なんかいいです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            リングがキレイになってるか

             

            確認してからの

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            おちゃらけてからの

             

             

             

             

             

             

            撮影会。

             

             

             

             

             

             

             

            撮影会。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            撮影会。

             

            を横から撮影。

             

            体験中の撮影は自由ですので、本気カメラでも

             

            スマホでも自由に撮ってください。

             

             

             

             

             

            リューターという工具を使って

             

            表面をキレイに磨いています。

             

             

             

             

             

             

             

            「お、うまいじゃん」

             

            「えへっ」

             

             

            ザ・妄想会話。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            今回作っているのは「つちめ模様」というリング。

             

            リング表面をハンマーで打ち付けて模様を付けます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            リングの内側に刻印を入れています。

             

            お名前や日付などお好きな文字を入れられます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            プロっぽい。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            いい写真ですね。

             

            おふたりの暖かい雰囲気が伝わってきます。

             

             

             

             

            最後に表面をキレイに磨いていきます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            そして、、、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            完成です。

             

            ハンマーでつけたデコボコ模様がキレイです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            リング内側には宝石をセット。

            (宝石留めは有料オプションです。)

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            どうもありがとうございました。

             

            おふたりの門出にいい思い出になってくれれば嬉しいです。

             

             

             

             

             

            *体験教室は予約制です。ご希望のお日にち、
             お時間、人数をお知らせください。
             ご予約はお電話、メール、どちらでもどうぞ。

               TEL:0532−48−5107
               mail:info@couleur-jewelry.main.jp


            ホームページからはオンラインでご予約が可能です。
            料金やコースなどもこちらをご覧ください。
                   ↓
            「couleur」 ホームページ
                       http://couleur-jewelry.main.jp
             

             

            JUGEMテーマ:彫金

             

             

             

             

             





            「ふたりでつくる結婚指輪」が
            ゼクシィで紹介されました



            profile

                    

            営業時間

            AM 9:00~PM 6:00 (火曜日はPM5:00まで) 定休日 水曜日

            住所

            愛知県豊橋市草間町平東130       東和プラザ2−3

            TEL/FAX

            0532-48-5107

            selected entries

                    

            categories

                       

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            archives

            recent comment

            • ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 その2
              低フリクションマルテンサイト
            • お休みのお知らせ
              couleur
            • お休みのお知らせ
            • お知らせ
              couleur
            • お知らせ
            • オーダーのハートリング
              couleur
            • オーダーのハートリング
            • 2016年 お疲れ様でした
              couleur
            • 2016年 お疲れ様でした
            • 2016年 お疲れ様でした
              couleur

            recent trackback

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...